MENU

債務整理の種類と内容

債務整理とは、借金を整理する方法のことです。方法には、自己破産と個人再生、任意整理の3種類があり、自己破産は返済ができなくなった事を裁判所に申し立てて認めれば、借金がなくなりますが、必要最小限以外の資産は没収されて債権者に渡される上免責決定を受けるまで、一部就職に影響があります。

 

個人再生は5分の1程度減額してから、3年間で返済をしていく方法です。資産は残すことができ給料の差し押さえができなくなります、失敗をしてしまうと再度債務整理をしなくてはならず、プロと共に手段や再生計画案を立てる必要があり借入が5年から10年間出来なくなり、官報と言う国が発行している機関紙に氏名住所がのります。

 

任意整理は弁護士などが代理として交渉をし、減額や分割での支払いの提案を行い3年から5年程度での支払いとなります。裁判所が関わりませんので手続きが簡単で、利息のカットや過払い請求も行えるので最も利用されていますが、任意整理手続きを行っていない業者が増えていますので調べる必要があり、自己破産や個人再生に比べ債務を減額させる効果が高くありません。

 

債務整理の一番のメリットは返済に追われることが無くなる事で、職を失ったが借金を抱えているが生きていくための救済制度でもあります。