MENU

闇金に困ったら迷わず法律相談へ

闇金に悩む人というのは、近年でも昔であっても多く存在しています。もちろん、闇金は、法律的に違法であることが多く、個人で買いけるすることは非常に難しい問題です。しかし、この闇金に関して対策を行うのならば、法律相談事務所というものが存在しています。闇金のことで迷ってしまったら、悩むことをせずすぐに弁護士事務所に相談しに行くことをおススメします。

 

そもそも闇金というのは、違法な取立て行為を行うことがほとんどになっており、契約は無効となる場合が多く、無効となった契約に基づいて支払う必要は一切ありません。契約が無効となっていく場合は、お互いに受け取ったお金を返還するのが原則となっています。

 

この原則のことを原状回復の原則といいます。自ら犯罪行為を行った人間の返還請求は制限され、受領した起因線の返還を拒否することができる場合があります。上記のことは法律相談事務所や弁護士事務所であれば、すぐに対応できるレベルのことなのです。

 

インターネットや本で調べて、ある程度のことであれば対策をすることも可能なのですが、やはり個人には個人の限界があります。相談をして、プロの人間のサポートを受けることが一番に安全な対策法であるといえます。

 

闇金融への支払い金を取り戻すために

闇金融問題はすぐに相談を

借り入れ契約を結ぶ際は、闇金融の存在に気を配らなければなりません。借り入れサービスのご検討にしっかりと時間をかけ、それに出会うリスクを軽減させるのが賢いご利用法です。

 

しかし正規の貸し出し業者から融資を断られれば、闇金融に手を出す危険が一気に高まります。悪徳業者が対象とするのは、たとえば多重債務者などの、一般の貸し出し業者のご利用が困難な人です。頼るところが他に無い人を、上手くサービスに誘導するのが業者の手口です。

 

闇金融が提供するサービスの最大の特徴は、設定する金利に存在します。法律を守る正規の貸し出し業者は通常、年利20%を超えない範囲で、金利を各々設定しています。しかし悪徳業者の場合には、守るべき基準が存在しません。法律の基準を無視して金利を設定するのがその特徴です。よって、年利20%を超える金利をサービス内に含む場合には、ご利用を避けなければなりません。

 

仮に年利20%の基準を超える金利で、融資を受けられた場合には、その契約は無効となります。その様なケースでは返済の必要が無い上に、支払ったお金の返還を請求できます。支払い金の返還請求は専門的な行為であるため、法律事務所にご相談になり臨まれるのが賢明です。

 

法律の専門家の力を借りれば、時間がかかりますが、良い結果へと結び付けてくれることでしょう。